めざましのむヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

【スポンサーリンク】

一匹狼と呼ばれる人の特徴5選

【スポンサーリンク】

f:id:at25250410:20180311121643j:plain

 

目次

 

みなさんこんにちは。

 

今回は周りから一匹狼と呼ばれる人の特徴について考えてみました。

 

そもそも一匹狼なんてぼっちと同じだろ、と思う人もいるかと思いますが、一匹狼界隈ではその辺の区分はハッキリとしているので一匹狼の人はぼっちだとは思ってない人が多いです。

 

しかし自分では一匹狼だと思っていても周りからぼっちだと思われたらそれはもうぼっちなので、いかに周りにぼっちではなく一匹狼なのだと思わせる事が重要です。

 

というわけで一匹狼と思われる人の特徴を見ていきましょう。

 

 

 

 

1.実はすごく空気が読める

よく友達が少ない人にありがちなのは普段はおとなしいのに自分の好きなことや仲の良い友人に対して烈火の如く喋り出すということです。

しかし一匹狼は聞く側の負担も考えて発言をします。なので好きな話題でも人の話を割って入ることをしないので相対的な発言量が普通の人よりも少なくなります。

 

 

2.自分を確立している

他の人よりも自分の特性について深く考えるので、自分がどういうものかわかっています。その結果あえて人との交流を避けているのがぼっちとの違いです。

 

 

3.他人を上回る結果や能力がある

いかに自分を確立していても周りとの交流が少なく能力が並以下だと周囲からの評価は低く、変わったぼっちとして空気のように扱われてしまいます。なのでいざという時にはリーダーシップを発揮したり、他人を上回る結果や能力を周りに見せることで一匹狼としての存在感を高めることができます。

 

 

4.喋れるコミュ症

よくいるコミュ症とは異なり一匹狼の人は喋ろうと思えば喋れます。しかし普段はそこまで喋る必要性を感じていないので必要最低限の会話しかしません。なので業務の報告など仕事面でのコミュニケーション能力は高いのですが、日常的なコミュニケーションをそこまで重視していないのでコミュ症と思われがちです。一匹狼の人はたまにする発言が非常にセンスやユーモアがあったりするので無口だけど面白いやつみたいに思われたりもします。

 

 

 

5.達成したい目標や夢がある

一匹狼の人の本質は達成したい目標や夢があるということだと思います。自分なりの理想像がありそれに近づくための努力は惜しみません。なのでむやみやたらと友人と遊ぶよりも自分自身の研鑽に時間をかけたいのです。その結果他人よりも能力が高まり周囲からの一匹狼と思われるということです。

 

 

まとめ

一匹狼はある意味で非常に合理主義者ですが、友人という人的資産が乏しいことを歯痒く感じていたりもします。