めざましのむヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

【スポンサーリンク】

個人的に好きな野生爆弾くっきーのキャラ

【スポンサーリンク】

f:id:at25250410:20180317224250j:plain

こんにちは。

最近はバンドや白塗りでテレビに引っ張りだこの野生爆弾くっきーですが、白塗り以外でもいろいろおもしろいキャラがあるので個人的に好きなくっきーのキャラを紹介したいと思います。

 

くっきーを知らない方のために補足すると、くっきーは吉本所属のお笑いコンビ野生爆弾の一人で本名は川島邦弘さんです。NSC13期なのでチュートリアルやブラマヨと同期なので結構なベテランです。音楽や絵の才能にも優れていてアーティストの一面も持っていて原宿で個展を開くほどです。本業のお笑いも独自の世界観をもった火薬強めなものが多いです。

 

ネタばれ的な内容を含んでいる場合があるので、嫌な方はYouTubeのリンクを貼っておきますのでそっちを見てから読んでほしいです。

 

では紹介していきます。

 

 

1. ゴモラ


あらびき団【くっきー】2017/12/29

戦争のために開発されたクロム兵器のゴモラを不憫に思った関係者がひそかに小屋で預かっていた。しかしゴモラをかくまっていた関係者は国を追われ、関係者の孫が今もひそかに飼育している。ゴモラは兵器であるためか若干、知能に難があり「おはようございます」か「はい」しかいえない。湿気が多い地下にいるのでそんなに必要ではないと思うのだがリップクリームを愛用している。

 

たった3分の動画でよくこれだけのボケを詰め込んだなと思いました。自分の頭の中で勝手にツッコんでしまう人は面白いかもしれませんが、普通にみていると???となってしまう感じなので評価が結構わかれる作品です。

 

2. ベンジャミン・ボーナス 


〈笑〉謎のカルキン少年を連れたベンジャミンボーナスの神が厄祓い?(ざっくりハイタッチ)

大金持ちで音楽プロデューサーと称する謎の男ベンジャミン・ボーナス氏は通訳の男と(元カナリアの安達さん)とカルキンと名乗るなぞの少年(ハブサービス)を引き連れて不気味な音楽とともに登場します。ゴモラ同様、カルキンも会話が流暢ではなくベンジャミン・ボーナス氏に言われた言葉か「I love ベンジャミン・ボーナス」しか話せません。

 

毎度お決まりのパターンなのですが毎回笑ってしまうのはなぜなのでしょう。不思議です。

 

ちなみにカルキンことハブサービスさんは国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治さんのいとこだそうです。

 

3. 邦彦おじさん 


【邦彦おじさん】超ハマる!爆笑キャラパレード 一休さん

絵描き歌が大好きな邦彦おじさんです。黒縁のめがねと戦時期の軍人のような服装をしています。たどたどしいしゃべり方でけっこう口が悪いです。毎回絵描き歌をして絵を描くのですが出来上がった作品はなんとツッコんでいいのかよくわからないものが多いです。アップテンポなメロディにのせて絵を描くのですが、絵を描くルーティーンとして胸に手をあて前後に揺らす動作を反復します。

 

4. ギャルソン 


野生爆弾クッキー 邦彦おじさん

邦彦おじさんの作品のオチとして最後に登場するキャラクターで、名前は正直分からなかったのでギャルソンとしておきました。ちなみにギャルソンとはフランス語で[坊や]という意味です。全身黒ずくめでフランス語を話す謎の人物ギャルソンは突然現れたかと思うと不敵な笑みを浮かべ、かなりトリッキーな行動をします。

 

というか白塗り以外でって最初に書いたのにこいつ白塗りだって書いている途中に気づきました。すみません。

 

5. スヌーピー


【これはひどい】オールザッツ漫才2015 スヌーピー【野性爆弾 くっきー】

最強の出オチキャラクタースヌーピーです。本家のスヌーピーの愛くるしい顔を想像していたら期待を裏切られるでしょう。2分近いコントでほとんど何もせず犬小屋の中に顔を突っこんでいます。全身白タイツなのですが、パンツの柄が透けて見えるのも多分わざとでしょう。こんな攻めたネタは他の人ではできないと思います。2分で一言しか喋らないって普通じゃありえないです。このセットの犬小屋や草などはおそらく自分で作られたのだと思います。前代未聞のことをやるには入念な準備が必要なのだという事を教えてくれる動画ですね。

 

 

今後ますます活躍が期待される野生爆弾くっきーと相方のロッシーの方も今後とも御贔屓にお願い致します。

 

最近はドラマやCMにも出ているくっきーですが、 くっきー曰く変人キャラを世間に合わせて上手くセーブできるようになったことがブレークの原因だそうです。

 

テレビではふざけまくっているくっきーですが、吉本では礼儀正しい気遣い家で、家庭では家族思いの優しいパパというギャップがまた素晴らしいと思います。

 

ネスレオンラインショップ