電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

ラグビーのポジションとその役割について解説

どうもこんにちは。

ラグビーをよく知らない人との会話で
「ラグビーってどんなことやるんですか? 」
と聞かれます。

しかし実のところ、このような質問には答え辛いです。何故ならラグビーは1チーム15人で行うため、ポジションごとに役割がかなり細分化されているからです。

なので今回はラグビー経験者として各ポジションの役割を個人的な目線でざっくりと解説したいと思います。

フォアード(FW)とバックス(BK)

FWとBK
ラグビーは1チーム15人ですが、その中でもさらにFWとBKに分かれています。
FWは8人 BKが7人です。
見た目は、FWはいわゆるTHEラガーマンみたいなゴリゴリなイメージです。BKはサッカー部の中のゴツいほうみたいな感じです。FWは攻撃も守備も頑張るハードワーカー達で、BKは攻撃も守備もそんなに頑張らないけど、攻撃の時においしいところを持っていきます。


では次に各ポジションの役割を紹介します。

ラグビーではポジションと1から15までの数字がそれぞれ1対1で対応しています。

高校野球で守備位置が背番号になっているのとおなじです。

f:id:at25250410:20180303152717p:plain

FW

プロップ(1番と3番)

いわゆる縁の下の力持ち的なポジションで、大柄で横に太い人が多いです。ですがただ太っているのではなく力士と同じで筋肉も多いので凄まじいパワーを持っています。スクラムの一番前で相手と組みます。スクラムやモールなどのパワーが必要なところで活躍するのであまりボールを持ってトライすることはなさそうです。

フッカー(2番)

 フッカーもプロップと体系的には同じなのですがスクラムの組みやすさ的にプロップよりも若干身長低めで豆タンクみたいな人が多いイメージです。あとはラインアウトのスローやる人が多いイメージです、フッカーは。

ロック(4番と5番)

 ロックは縦に大きい人が多いです。なのでラインアウトでボールをキャッチするジャンパーはロックが多いでです。スクラムでは二列目で前列にパワーを伝えるばねの役割を果たしています。

フランカー(6番と7番)

フランカーはスタミナがあってタックルが好きなタックルマシーンが多いイメージです。スクラムでは2列目の両脇で力を加えます。

ナンバーエイト(8番)

ナンバーエイトはキャプテンとかが多いイメージで、体系的にはロックと同じで大きい人が多いです。セットプレーはあまりせず、ボールを持って前に行くようなことが多いのでトライとかもけっこうします。


まだ半分か・・・ポジション多くて書くのがしんどくなってきた・・・

さて次はバックスです。

BK

スクラムハーフ(9番)

厳密にいうと9番と10番はハーフ団と呼ばれていてバックスには含めないこともあるのですが、まあざっくり言えばバックスです。
スクラムハーフは小柄でパスが上手くてチームで一番体力があるやつ。(たまにフランカーのほうが体力ある場合もある)BKからもFWからもミスがあったときに文句を言われるので中間管理職のような辛さがあるらしいです。

スタンドオフ(10番)

いわゆる司令塔というやつです。攻撃の起点になるので空いているスペースを見つける観察眼と状況判断力が必要です。あとキックが蹴れる人が多い。見た目的にはがっしりしているサッカー部くらいな感じなので世間受けする体です。

センター(12番と13番)

体型はだいたいスタンドオフと同じくらいで、センターはパスとキックと自分で攻める力と色々必要です。なのでウイングよりもパワーが強いイメージ。

ウイング(11番と14番)

ウイングはスピードスターでトライゲッターです。たまにびっくりするくらい細いやつとかいます。足が速くて捕まらなければそれでもいいのですが、やはり筋肉があるに越したことはないです。キックが蹴れない人が多いイメージです。

フルバック(15番)

五郎丸です。一番キック力が求められるポジションです。なので大抵コンバージョンキックもフルバックがやります。ディフェンスがほかのポジションとは若干異なるので難しいです。

まとめ

軽く書いただけでもこんなに特徴の違いがでてきました。
本当はもっと詳しく書きたかったのですが私の体力が持ちそうにないのでこのぐらいで勘弁してください。
ラグビーが難しくてよくわからない人はまずは一つのポジションをずっと見て、なんのためになにをしているのかということが分かればラグビーを徐々に楽しめるようになるかと思います。

では、今日はこの辺で失礼します。