電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

【スポンサーリンク】

記事がすぐに書けたのはデイドリームのおかげ

【スポンサーリンク】

f:id:at25250410:20180309203408j:plain

こんにちは、最近はまあまあ忙しくてあまり記事を書く時間がありません。

 

一つの記事を仕上げる時間は短くて5分くらいで長くて1時間弱くらいですが、だいたい15分くらいで仕上げる記事が多いです。

 

忙しい中でもちょっとした5分や10分くらいの暇な時間があって、そういう時間に丁度いいから記事を書こうとするのですがなかなか難しいです。

 

時間が限られていて、その時間内にアイデアを思いつこうとするとなかなかアイデアって出てかないものです。

 

ぼけーっとテレビとか観てる時にふとアイデアが浮かんだりします。そういう時に記事を書けば直ぐに書けるのですが、さぁやるぞ!みたいに意気込んだ途端にできなくなるみたいな感じです。

 

 

一人暮らしで遊ぶ友達も少なく何日も休みがあり家にいる様な時は一日中ぼけーっとしているワケですから常に白昼夢にふけっています。

 

なので次から次へといろんな考えが浮かびます。

 

なのでニートはブログ書くのにめっちゃ向いてます。

 

多くの人は働いたり、育児や家事に追われているため、なかなかブログ書かなくなってやめてしまうというのも当然といえば当然です。

 

だからぼけーっとテレビやゲームしながら思いついた事をブログの記事にするだけ承認欲求を満たしておまけにお金とか貰えるようになるんだから、ニート最高じゃん。

 

ニートが職業として成立する時代なんていい時代だな!

 

ニートとかマジ卍。