電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

【スポンサーリンク】

Youtuberのデメリットとブログ運営との違いについて

【スポンサーリンク】

Tube Player - for YouTube

みなさん、こんにちは。

いつのまにかブログの記事数も50を超えて記事を書くのにもだいぶ慣れてきましたが、本業の勉強の方よりもこっちの方に時間を使ってしまいがちなところがネックとなっております。

 

2週間ほど前にGoogleアドセンスの審査に合格してから広告を貼っていますが、なかなか厳しく2週間で2000ウォンくらいの収益しか出ていません。

 

よく広告とかで「アフェリエイトで月100万!」みたいなのがありますけど、やってみた実感としてはそんなの雲の上を超えて大気圏に突入するくらい上の領域って感じです。

 

しかしYoutuberは動画1本を投稿して100万再生いけばそれだけで5万円くらいの収益になります。

 

単純にネットでお金を稼ごうと考えたときに、Youtubeとブログだったらどっちが楽かといったら間違いなくYoutubueを使う方です。

 

しかしYoutuberにはブログにはないデメリットがあります。

 

動画のコンテンツの幅が狭い

一つ目はコンテンツの内容が限定的である点です。多くの人はYoutubeを暇つぶし目的で利用しています。Youtubeで日本の将来について専門家の意見が聞きたいという人はいるかもしれませんが少数派です。なので自然と多くの人の興味を引く内容(3K 軽い 過激 金掛かってる)になっていきます。このようなコンテンツしかできないとフォーマルなところからの評価はあまり得られません。なのでキッズがなんやらとか揶揄されるというわけです。

顔を出す必要がある

 最近はバーチャルYoutuberなるものも出てきているので一概には言えませんが、Youtuberとしてご飯を食べている方はほとんど顔出ししています。顔出しの何が悪いかというと身バレしているので嫉妬の対象になりやすい点です。はたから見て誰でもできそうなこと(実際はいろいろ苦労されてると思う)をやって大金を手に入れていのでアンチが生まれやすいです。

キャリアを築くのが難しい

 有名Youtuberでサラリーマンとして働いている人はほとんどいません。インターネット業界への広告費は年々上がっていますが、このYoutuberとして収入を得る枠組みが10年後にも残っているかどうかも分かりません。20年、30年というスパンで考えたときにサラリーマンとして働いている人に比べスキルや経験の蓄積がない点がかなり厳しいと思います。しかし知名度があればYoutubeがなくなってもファンはいるのでうまい感じに生きていくこともできそうですね。

 

 

この記事は動画一本でめちゃくちゃ稼いでいるYoutuberへの嫉妬の塊ですが、ブログは基本文字なので動画に比べ長期保存できるし抽象的な内容を書けるので動画よりも表現の幅が広い点がメリットだと思っています。

 

 

なんだろう・・ここまで書いて最近「内容がありそうでないよう」な記事を書いてばっかりの自分に自己嫌悪がしてきた・・・

 

やってることYoutuberと変わらんな・・・はぁ

 

 

www.prog-ganbaru.com

 

 

www.prog-ganbaru.com

 

 

 

バーチャルYouTuberはじめてみる

バーチャルYouTuberはじめてみる