電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

ブログゲーム論

ブログを書く上で大きなモチベーションとなっているのがアクセス数普段言えない本音を書けるという点です。この二つにどれくらいの割合で努力を費やすかによってブログの運営手法は変わってきます。

 

アクセス数を増やすために努力を全振りすると、トレンド記事や読者受けがよさそうな記事を量産することになるので必然的に自分が伝えたいことは書けないというジレンマに陥ります。一方でひたすら自分の伝えたいことだけを伝えていてもアクセスは増えません。よくわからない主張の強い他人の記事にそこまで需要はないからです。そもそもみんなと一緒の意見だったらブログで主張したくもならないので、大抵ブログに書くオピニオン記事は少数派側です。

 

ちなみにこの記事はめちゃくちゃ本音です。

 

僕は今このアクセス本音の狭間でゆられています。

 

もしアクセス数を増やすという道に努力を全振りするなら、ニュースやテレビをたくさん見てトレンド記事を量産したり、本音を隠して読者の感情を刺激しない波風のたたない記事を書いたり、ブロガーと積極的に交流しお互いに利益になるいわゆる互助活動をしなければなりません。個人的にこれが悪いことかといわれると微妙ですが、戦略的には間違っていないと思います。

 

これと対極なのが

「アクセスなんか関係ないぜ!自分の言いたいことが言えればそれでいいぜ!」

といって一日5pvくらいでずっと自分の好きなことを書くという運営方法です。

 

二兎負うものは一兎を得ずということわざに反して僕はこの二つを両立しようとしましたが結局ことわざの通り中途半端な感じになってしまいました。

 

なので考えを変えました。この二つを同時にやるのは不可能です。なので分けてやることにしました。どういう事かというと初めのうちはアクセスアップに努力をすべて注ぎ、しばらくしてアクセスが増えてきたら自分が言いたいことを書くという風に期間を設けてブログ運営のスタイルを変えるということです。

 

ブログをアクセスを増やし収益を上げるという一つのゲームとしてとらえ、ゲームでスコアを伸ばすために色々な工夫をしてアプローチをとっていきます。何か月か継続して貧乏学生から普通の学生にジョブチェンジできるくらいの収益がでたら自分の伝えたいことを細々と書いていきます。

 

目標とか期間を決めないとダレそうなので、とりあえず10万。月10万をネットで稼げるまでアクセスを最大化することに比重を置いたブログ運営をしていきます。

牛丼代くらいしか稼げてないのに何言ってんだコイツみたいな感じですけど・・・

 

一方に振り切れました。いまの僕は鬼です。血も涙もない鬼です。

いまからしばらくの間、恥も良心も捨てた鬼になります。

 

f:id:at25250410:20180403160959j:plain

逆に鬼になってそんなにアクセス増えなかったらメチャクチャかっこ悪いですね。