電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

【スポンサーリンク】

ブログは簡単に承認欲求が満たせるツールだと思う

【スポンサーリンク】

f:id:at25250410:20180419073635j:plain

多くの人のブログを始める動機は自分が伝えたいことを誰かに聞いてほしいからではないでしょうか。インターネットの発達により様々なサービスが登場した結果、TwitterやFacebookやブログなど不特定多数の人と容易に関われるようになりました。

 

実世界で周りに自分と近い考えや価値観を持つ人がいないと孤独感を感じ、自分の考えを知ってもらいたいという承認欲求が高まります。

 

私はいままでに色々なネットサービスを利用してきましたが、その中でも承認欲求を満たすツールとしてブログが一番だと思います。

 

Twitterは140文字以内という文字数制限があるため自分の考えを書くには少なすぎます。しかもリプライ(返信)をあまりする文化が根付いていないため意見が一方通行です。

Facebookは実名登録が基本なので、現実の交流関係がベースになります。なので普段は自分を押し殺して生活している人間がアクの強い意見を言うことは難しいです。ネットでも気を遣って発言しなければならないのがめんどくさくなって辞めました。

 

ブログはこれらと違い文字数に制限もなければ、現実の人間関係をすべて切り離して発言することができるので、現実では言うのがはばかられるような事でも書けます。そしてある程度多くの人に見てもらえるようになると現実ではマイノリティーの自分の意見に賛同してくれる人も現れます。それ自体はものすごく嬉しいことで、海外の秘境で日本人に遭遇したような感動を覚えます。(そんな経験ないですけど)

 

しかし何というか、そこで満たされてしまうんですよね、承認欲求が。ブログを始める前は社会に対する意見や疑問などが腐るほどあって書きたいことが山ほどあったのですが、承認欲求が満たされてくるとそこまで気にならなくなってしまうというか。

むしろこっちの方が健全なのかもしれませんが・・・

 

個人的には書きたいことがなくなってしまうと困るので最近では意図的に他のブログを書いていらっしゃる方との関りを少なくしているところがあります。

 

ブログは承認欲求を満たすツールとしては最高なので、アクセスの多いブログを運営されている方々はブロガーとして独立する方が多いのではないでしょうか。ブログを書くだけで現実で働くより欲求が満たせるのですから、仕事辞めてしまいますよね。

 

この辺がブログの怖いところですね。現実で軸をしっかりと立てて、適度にブログを書いて発散するくらいが丁度いいと思います。薬も摂取しすぎると毒になるのと同様に、承認欲求の満たしあいや傷の舐めあいはほどほどにしたほうが良さそうです。