電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

人間関係がめんどくさいので引きこもりたい

今回はサザエさんばりに、三本立てでお送りします。

お好きなところから・・・

引きこもりたい

f:id:at25250410:20180807214629p:plain
リアルでの人間関係がめんどくさいので、極力人と関わらないような生活をしていました。

一人のほうが気を遣わなくて済むから楽なのですが、そうはいうもののやはり少し寂しくもあり、こうしてネット上に関りを求めているのですが、なんだかんだ言ってネット上でも気を遣うので疲れます。


私たちが普段生活していく中で、様々なニュースや出来事に触れ、各々の感情が刺激されます。


同じニュースを見ても快く思う人がいたり、不快に感じる人がいたりと十人十色の反応をします。


しかしながら、何かに触れて、快や不快の感情を刺激される人はまだまだ元気な人です。

ニュースに対し癇癪を起して周囲に自分の考えをぶつけることができる人はめちゃくちゃエネルギーに満ち溢れていると思います。羨ましいです。

www.prog-ganbaru.com



www.prog-ganbaru.com



www.prog-ganbaru.com

ブログを添削して貰った

f:id:at25250410:20180807210541p:plain

ASPの収益が全然上がらなくて悩んでいた(現在もお悩み中)ので、Twitter経由でMFilmsさんというお方に無料でブログの添削をして頂きました!


MFilmsさんのプロフィール
kouunryusui.xyz

⁦‪@AlvYula‬⁩

twitter.com


MFilmsさんは育児に追われる現役の先生で、いわゆるイクメン先生です。


僕自身、軽い気持ちで質問したのですが、貴重な時間を縫ってかなり丁寧に添削して頂きました。

それがこちらです。

はじめにご質問にあった内容から、私なりの感想をお伝えしますね。

□収益が上がるようになるまでの期間

どのくらいの額を想定されているかわかりませんが、個人的にきっかけとなったのは、運営丸3ヶ月経ち、初めてamazonで24円の報酬が発生した時です。
https://mobile.twitter.com/AlvYula/status/914246685169041408
なので、3ヶ月…と答えたい気持ちはありますが、そんな「青い」こと聞きたいわけじゃなさそうですねw

難しい質問ですね。
一応「半年」で(運営6ヶ月で)月約8600円という報告をしてますね、私の場合。アドセンス、A8、もしもアフィリエイト合わせて。
https://kouunryusui.xyz/blog-6months/

□記事数
上の報告をふりかえれば、半年間で2サイト合計156記事。
多いサイトの方は120記事ほどだったと思います。

ただ不思議なもので、その後半年間で報酬が(発生が10万円近くまで)伸びいたのは、少ない記事の方です。
また、特別案件や問い合わせが多かったのも(もちろんアクセスが多くなったのも)、少ない記事の方です。

記事数は一定を越せばさほど問題ではありません。

ちなみに文字数も意識したことはないですが、報酬が発生している記事たちはどれも5,000字〜7,000字(マックス1万字)ほどありますが、これも初心者だからただつらつらと書いている可能性があるだけですからね。
おっしゃる通り3,000字という目安はちょうどよいと思います。

もし収益やpvの推移が気になる(または疑うw)ようであれば、1年間の運営報告を書いているので、それをご確認いただいてもいいですね。
https://kouunryusui.xyz/blog-12months/

□ジャンル
私が成果をあげているのは転職系ですね。
また、ジャンルに縛られず話すと「無料登録」「資料請求」このジャンルで多くの案件を稼いでいます。
ハードルが低い分、必然的に単価は小さいですが。

□以降、老婆心ながら勝手に思ったことを。
ご迷惑じゃなければ、ブログを拝見させていただいて思ったことをつらつらと、お伝えしようと思いますが・・・いかがでしょうか?
https://twitter.com/AlvYula/status/914246685169041408

ぐはっ!

さすが教師!って感じです。かなり丁寧に解説して頂きました。

そしてさらに続きます。

はじめに、電脳ヨーグルトって名前がいいと思ったら、公募だったんですね。
良いアイディアをいただいてると思います。

ブログ記事(電脳さんの5ヶ月目運営報告+α)を拝見して、悩まれメッセージを下さったこと内容を加味して、話しますね。

・共起語のことも知っている。
・記事数は十分な120記事。
・半年で7〜8000pvはある。
・情報系の学生さんでプログラミングの知識もおありのご様子。
・ブログ名を公募して票が結構集まっている(読者・ファンが相当数いらっしゃる)
・フォロワーがすでに1,000人を超えている

私の当時と同じ…いや、私より十分素晴らしい結果です。(知識もファンもいなかったからな)
これまでものすごく努力されてきたんですね。

ただ気になるところもいくつかあります。

例えば
・ASPの認識について
・トレンド記事について
・流入元(はてなブログの特性)について
なんてところでしょうか。

□ASP
売れる商品だから記事を書くのでは、伝わらないと思います。(ま、少しは売れるでしょうが)

おそらく私にジャンルをお聞きになったのも、素早く成果があがりそうな案件を知りたかったから、だと推察いたします。

・無料登録系
・資料請求系

この2つは成約までのノルマが低く、承認もされやすいので、おススメであることは間違いありません。

むしろ、この2つで成果が上がらないようであれば、それよりもハードルが高い「物販系」「サービス利用系」で成約につながる見込みは低いかもしれません。

おっしゃる通り、いずれの場合もビックワードはすでに埋まっていますので、ズラしが必要になります。

そこで大事なのは「自分のブログに集まってくるユーザーの属性(?)を認識すること」だと思います。

まず、そもそも論ですが、はてブロは(使ったことないので想像ですが)ブロガーが集まる印象です。
ようは「似たような人たち」が集まっているってことです。

情報にある程度精通していて、足りない情報は自分で補完できる人たちです。

電脳さんがどのターゲット層を狙っているのかはわかりかねますが、総じて「情報強者」もしくは「ネットリテラシーの高い」人たちに向けて情報を発信し続けている以上、なかなかきびしいし(ハードルが高い)、成果も上がりにくい。

例えば、電脳さんはプログラミングの(ASP広告で)記事をお書きですね。

文章は読みやすいし、まとまっているように感じます。テキストリンクのバランスもいいように思います。
しかし、先ほどの「ズラし」の話で言うと、この記事はお手本の内容過ぎて、教科書またはASP広告の提携画面に載っている情報程度のように感じます。(提携内容まで確認はしていません。見当違いであればすみません)

>オンラインでも学べる!小中学生向けプログラミングスクール
というタイトルからキーワードは「オンライン」「小・中学生向け」「プログラミングスクール」を設定されていますよね?

これはほぼノーマルです。

本文も(流し読みですが、ファンではない読者は基本的に流し読みなので)
・オンラインだと安いんだ
・こんなサービスがあるんだ
ってところで止まります。

電脳さんも恐らくそうだと思いますが、興味がないのに「安いから利用しよう」とはなかなか思いませんよね。
「利用しようと思っていて、安いから(魅力があるから)利用したい」って思うはずです。

設定したキーワードなら当然この本文でいいと思います。
なんせ「オンライン」「小・中学生向け」「プログラミングスクール」でひっかかる人たちなのですから、そもそも利用しようと思っていますからね。

でもそれではズラしていないんですよね(私たち凡人では太刀打ちできない)

(例えば)ズラすのであれば…。
せっかく電脳さんは情報系の学生でいらっしゃるので
・のちにどのようなプログラミングの知識が必要で、幼い頃にどのような内容を知っていれば良かったと感じるのか。
・小・中学生の間にプログラミングを学んでおかないと、どのような不利益が発生するのか
・今後どのような社会になっていくことが予想され、今なぜ「小・中学生のうちに」学ばないといけないのか?
このように、ご自身の言葉や熱量など「オリジナル」の内容を入れることだと思います。

電脳さんの強みを活かしてください。

ほかには、小手先のテクニックとして、ボタンでクリック率を高めてもいいでしょうね。

現在は
・タイトル
・バナー
・説明
・料金
の流れを取っていますが、これを
・タイトル
・バナー
・説明
・料金
→ボタン
として取り入れる感じです。CTAというやつに繋がるかもしれませんが、やってみる価値はあると思います。

アフィの極意は「見てみたい、知りたい」と思った時に目の前にクリックするリンクがあることです。

アフィは商品を売ることが目標じゃありません。
クリックされること、誘導することが目標です。

コンバージョンの知識もおありのご様子なのですが、商品を売る必要はありません。それは企業が(魅力を打ち出し)することです。

商品が売れるかどうかは「サービス・商品そのもの」「LPの内容」によるもので、ブロガーの預かり知らぬ所です。

もちろんそこまで訴求できるライティング技術をおもちであれば問題ないのですが、おそらく「インプレッション数はあってもクリック数が伸びない」ってところで止まると思います。

クリックされないことには、報酬は発生されません。
さらに言えば、1個売るのにクリック数はその5倍や10倍(またはそれ以上)必要です。

重複して恐縮ですが、ブログアフィリエイトは「クリックされるまでが役割」です。
そのためにズラしも必要で、ボタン配置などのテクニックも必要です。

アフィリサイトと違うのは
・ブログは個人を出してなんぼ
・アフィリサイトは個人を殺してなんぼ
ってことだと思っています。
ごちゃまぜにすると上手くいかないと思います。(私が未熟なだけかもしれませんが、経験上そうでした。)

□トレンド記事や流入元について

電脳さんは
>トレンド記事は風化が速いのに対し、ASPで安定して成果が発生する記事は資産として残るからです。
とおっしゃっています。

私の印象としては、半分正解で半分間違っているように思います。

たしかにトレンド記事は短命です。私も過去に数記事書いた経験があります。(芸能ネタ)現在のアクセ…調べるまでもありません。
今では倉庫番しているみたいなものです。ジッと動きませんw

しかし、電脳さんがどのようなトレンドネタをお書きなのかはわかりませんが、トレンドネタだから読まれなくなるという可能性もさることながら「はてブロの性質」って可能性があるんじゃないでしょうか。

要は「書き続けないとアクセスを生まない」っていう状態です。
流入の3割がSNSからってのが物語っていると思います。

ちなみに私の場合は90.8%(もうひとつのサイトは93.6%)が検索による流入です。ワードプレスなので読者もいません。(わかりません)

検索による流入が増えれば、おっしゃるように「資産記事」となり、風化はしにくくなります。
やるべきは、検索流入を意識されている記事を書くことですね。いわゆるseo対策ってやつでしょうか。

もしくは、先ほどの「情報強者」という読み手、そして相当数の読者・フォロワーがいらっしゃるので「電脳さんが体験して(利用して)良かったサービスやアイテムを紹介する」ってのはどうでしょうね。

電脳さんと同じような(似たような)人は、電脳さんが利用してよかったと思えるものを「(同じように)良い」と感じる可能性が高いと思うからです。

それともうひとつ。
>ASPで安定して
は、広告(PPCなど)を利用しアフィリサイトで運用している場合のみだと思います。
少なくとも、私はそう感じます。
現在広告を打っていませんしアフィサイトも持っていませんので、説得力にかけるかもしれませんが。(わたしはブログ1本(2サイト)だけです。)

そんな私が思うに
・アドセンスが固定給
・ASPはボーナス
の扱いだと思っています。

ASPは平気で否認とかありますし(理由も教えてくれないw)、いろんな意味で不安定そのものです。
特単キャンペーンで、いきなり4倍となった2週間もありました。

なので、ASPの記事が安定するのではなく、検索流入による記事は安定して読まれる。ってところかな。

□最後に
電脳さんのおっしゃるとおり、(私たち凡人が書く)記事は、2〜3ヶ月後にアクセスが(それに伴って報酬も)増え始める特徴があると私も思っています。

続けていけば、必ず結果は後からついてきます。

一緒に頑張りましょうね。


頂いたアドバイスを見て、アフェリエイトを成約までもっていくのは、LP(ランディングページ)を作った広告主側の仕事だから、アフェリエイトリンクを貼っている我々はクリックまでもっていけばそれで良いというのを聞いて、そんなに深く考えなくても大丈夫なのかと安心しました。


このアドバイスは他のブログにおいても役に立つと思うので、もしよかったらMFilmsさんの意見を参考にしてみてください。


アンチなのかな・・・?

f:id:at25250410:20180807214714p:plain
サチコ(search console)を使っていたら、電脳ヨーグルトのクエリで検索流入があったので、ブログ名を変えてから初めて、エゴサーチをしてみました。

するとこんな記事を発見しました。

イケダハヤトをキレさせた、底辺ブロガー「電脳ヨーグルト」炎上!

https://datsu-hinkon.info/?p=248


かなり煽ったタイトルなので、あまり読む気がしなかったのですが、実際に読んでみるとそこまで、disられてないというか、むしろ好意的に書いてある部分もあったりして、なんだかなぁという感じです。

他の記事も見てみると、

【反論】おれ、ブラックコーヒーしか飲まんわー

https://datsu-hinkon.info/?p=170


こんな記事もありましてコレは以前書いたこの記事のアンサー記事的な感じでした。

www.prog-ganbaru.com


砂糖入れたコーヒーより、ブラックコーヒーの方が美味しいんですって。

個人的には、ブラックのほうが完敗だと思っていましたが、世の中には結構ブラック派が多いらしく、ひょっとするとお菓子のきのこの山、たけのこ里、対決ぐらい根深いものなのではないでしょうか。

余談ですが、僕は圧倒的にたけのこの里派です。むしろタケノコそのものが食べたい。


まあ、世の中色々な人がいるってことですね、改めて実感しました。


自分には理解できないような価値観の人も沢山いると考えると、これから出会う人にも少し期待してみてもいいのかもしれません。