電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

JAVA言語の基本について簡単に書く

f:id:at25250410:20180728213424j:plain

Javaの基礎の基礎について書いていきます。

出力について

f:id:at25250410:20180813155113p:plain
文字列をコンソールに表示するには、System.out.print(" 出力する内容");という命令文を記述します。

「こんにちは」という文字列をコンソールに出力するには、出力する文字列をダブルクォーテーション" "で囲んで次のように記述します。

f:id:at25250410:20180813155745p:plain

1つだけでなく、複数の命令文を記述することもできます。
f:id:at25250410:20180813155904p:plain

【出力結果】
f:id:at25250410:20180813160058p:plain

また、System.out.println("");と、printの後ろにln(エルエヌ)をつけると、文字列の後ろで改行され、のちに続く出力は次の行から開始されます。

f:id:at25250410:20180813160347p:plain

f:id:at25250410:20180813160413p:plain

変数について

変数とは、値を入れておく入れ物のことです。
入れ物である変数を作成することを、変数の宣言といいます。

また、変数に値を入れることを、値の代入といいます。

f:id:at25250410:20180813161615p:plain

変数の宣言は
型名 変数名;のように書きます。

変数の宣言では、まずその変数に入れる値の種類を指定します。この値の種類のことをといいます。

さきほどの、intは、整数を表す型名です。その他にも、文字を格納できるchar型や、小数を表すdouble型や、true、falseの真偽値を表すboolean型などがあります。

宣言した変数に値を代入する構文が次の通りです。

変数名 = 値;変数名には、宣言隅の名前を記述します。値には代入する値を記述します。


そして実は、変数の宣言と値の代入の2つの処理をまとめて、一度に行うことができます。

int i = 5; のように記述すると、5が代入された変数iを作成することができます。

ちなみに、変数に最初の値を代入することを変数の初期化といいます。

算術演算子と式

Javaには、さまざまな算術演算子がありますが、代表的なものだけ見てみます。

  1. と-は、分かると思いますが、*が乗算/が除算%が剰余なのは、ちょっと馴染みがないかもしれません。

以下のように記述できます。

f:id:at25250410:20180813163221p:plain


【出力結果】
f:id:at25250410:20180813163250p:plain



こんな感じでjavaについて書いていこうと思います。

Java 第2版 入門編 ゼロからはじめるプログラミング (プログラミング学習シリーズ)

Java 第2版 入門編 ゼロからはじめるプログラミング (プログラミング学習シリーズ)