電脳ヨーグルト

プログラミングの備忘録と私生活を

人生に疲れたと思う理由の9割は孤独と貧困のせい

f:id:at25250410:20180819193438p:plain

なんだか疲れました。


仲の良い友達もいないし、お金もないし、モチベーションもないです。


死にたいという訳ではないけど、生きるのがめんどくさい。


何がしたいのか分からない


なんかもう考えるのもめんどくさい。


人生なんて意味ないってことにみんな薄々気づいているんだけど、それじゃああんまりだという事で、作り上げられた成功者像を盲目的に追い求めている人がほとんどです。


人生に疲れたと感じるのは、世間一般での「当たり前」のハードルが上がっているからではないでしょうか。

・当たり前に働いて

・当たり前にお金稼いで

・当たり前に友達と遊んで

・当たり前に彼女作って

・当たり前に車買って

・当たり前に結婚して

・当たり前に家建てて

・当たり前に子育てして


世間一般で当たり前だとされていること。


多くの人は当たり前のことをするために頑張ります。


というかなんで当たり前のことをするために頑張らないといけないんですか、当たり前のハードル高くないですか。


もちろん当たり前のことを当たり前にできる人もいますが、努力が報われなかったり、頑張れなくなってしまった人も同じくらい沢山いると思います。


そんな人たちは、世間一般の当たり前が達成できない自分は平均以下の人間だと常に劣等感を抱きながら生きています。


劣等感という十字架を背負って歩む人生に嫌気がさして、人生疲れたと思う人がいるのもしょうがないと思いませんか。


当たり前のことを達成できない原因は孤独と貧困です。


上にあげたことのほとんどは、お金で解決できます。


ですが持たざる者には冷たい世の中なので、本当に救いの手が必要なひとはないがしろにされることが多い。


もっと頑張れとか、お前より不幸なやつなんて沢山いるぞなんて言葉をかけられても、癇に障るだけでストレスにしかならない。


自分と他人は違うし、他人の気持ちなんて分かるはずがない。


周りと自分を比べすぎて疲れた。


孤立無援


生きていればそのうちいい事あるとか無責任なこと言うなよ。


世の中おかしい。


説教も励ましも心に届かない。


生きるハードル高すぎ。


虚無感しかない。


スイスに行けば安楽死できるみたいです。


明るい部分を見れば見るほど、闇が深くなっていくみたいな。


弥生時代に稲作が伝来して、米の貯蓄ができるようになったことで貧富の差が生まれ争いが起こるようになりました。


今から何百年後かに、資本主義が浸透した〇〇〇年前の世界では、最低限の生活は保障されたものの、満たされない欲望に振り回され虚無感に陥る人が続出しました。


と言われる日がくるかもしれません。


自殺せんでも、ストレスで早死する気がするな・・・