電脳ヨーグルト

ネガティブからポジティブへ

DeNAの「0円タクシー」について思うこと

f:id:at25250410:20181209144204p:plain

若干タイムリーな時期を外してしまった感じはしますが、DeNAが試験的に開始した乗客の利用料金を無料にする「0円タクシー」について個人的に思うことを書いていきます。

f:id:at25250410:20181209144232p:plain

「0円タクシー」とは、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」を使った場合、東京23区、武蔵野市、三鷹市に限り運賃が0円で移動できるそうです。

料金が0円の理由は、配車アプリ「MOV」の宣伝費と、見て分かる通りタクシーに大々的に装飾されたスポンサーからの広告費になっています。0円で乗車できることに対して5chのような掲示板では「こんなの採算とれないだろ!」や「乗車中にずっと広告のモニターみなきゃいけないんじゃないか」とか「乗車中寝ちゃだめなんでしょ?」などといった声が上がっているそうです。採算に関しては僕もよく分かりませんが、乗車中は別に寝ても良いし、自分のスマホをいじったり好きにして良いみたいです。

所詮タクシーに乗るのは数人なので、その人たちへ商品の宣伝をしても効果はそれほどありません。それよりもタクシーの外観を見た人達への宣伝効果の方が何倍もあります。さらに言ってしまえばこのように「0円タクシー」と話題になることで「MOV」という配車アプリの存在が世間に知れ渡るのでその時点で充分に掛けた費用の回収はできたのではないでしょうか。

しかしそれよりも今回の「0円タクシー」のニュースは近い将来への布石的な意味を持っていると感じています。タクシー業界にAIが導入されるには2つの段階があり、まず第一段階としてはもう既に導入されている「ルートの最適化」です。ベテランタクシードライバーは新人ドライバーよりも2倍の収入を得ているというデータもあり、タクシーの供給はドライバーの勘に頼っている部分が大きいのが現状です。そこでAIを使い最適なルートをドライバーに提示してあげることで、タクシーに乗りたい人と、お客さんを乗せたいドライバーのニーズを限りなく100%に近づけていきます。そして第二段階が「完全自動運転」です。自動運転level4が実用化レベルだとか聞きますが、法整備なども含めあと十数年後には街に無人ドライバーのタクシーが沢山あることでしょう。タクシー会社で一番の負担はドライバーへの人件費ですから、そこをカットできる上、車に今回のようなスポンサーをつけることでタクシー会社はぼろ儲けできるわけです。なのでこの流れは避けられないと思います。


そういう意味で、今回のDeNAの取り組みは未来の世の中を想起させるものがあり、非常に興味深いなと感じました。