電脳ヨーグルト

ネガティブからポジティブへ

自宅のWi-Fiを解約してからやる気と生産性が大幅に向上した件

 f:id:at25250410:20190412201713p:plain

前回のあらすじ

自宅にWi-Fiを導入した結果、サクサクネットを使える快適さと引き換えに、四六時中スマホを手放せない引きこもり廃人になってしまった。このままでは学業と人間関係に著しい支障をきたしてしまう恐れがあるため早急に対策を講じなければならない。負のスパイラルから抜けるために必要なことはなにか?この沼の正体は何か?それは…Wi-Fi全部Wi-Fiのせいだ!

という訳で真っ当な人間に戻るためにWi-Fiを解約することを決意したのだった…

 

こんにちは電脳ヒモです。

 

先日の記事で自宅のポケットWi-Fiの契約を解消することを決めた次の日、早速電話をして解約手続きを行いました。無事手続きは終了し、手持ちのルーターの処分は任せると言われました。一応メルカリでどれくらいが相場かを調べましたが、1000円でもあまりと購入者はおらず、まあまあがっかりしました。

 

手続きの電話を入れたのが4月に入ってからだったので4月いっぱいは今まで通りWi-Fiが使えるみたいだったのですが、一刻も早くあの忌々しきWi-Fiをなんとかしたかったので、その場でなんとかしようとしました。

 

f:id:at25250410:20190412213901p:plain

ポケットWi-Fiをハンマーで物理的に破壊しようとしたのですが、これが固いのなんの、いくら叩いても画面に傷一つ付きませんでした。5分くらいガンガンやっていたのですが、一向に損傷する気配がなかったのと、あんまりガンガンやると近所迷惑なのでルーターを破壊することは断念しました。

 

次の日そのまま燃えないごみとして処分しました。 

 

 

そして自宅にWi-Fiがなくなって約10日が過ぎました・・・

 

 

世間が5Gだなんだ言っている中で、時代に逆行しWi-Fiを破壊して再認識したメリットデメリットを以下にまとめました。

 

ちなみに大学やカフェ、その他自宅以外の場所ではWi-Fiを使っています。

 

Wi-Fiを解約して感じたメリット

・睡眠時間を長く確保できるようになった

・Youtube、ネットサーフィンの時間が減った

・自宅にいる時間が減った

・大学やカフェ等で勉強する時間が増えた

Wi-Fiを解約して非生産的なことに掛けていた時間を生産的なことに費やせるようになったのが一番大きいです。

 

Wi-Fiを解約して感じたデメリット

・いざという時に通信制限だから頼りない

これは携帯のプランに依って異なると思うのですが、僕の場合、月に3G(ギガ)使ったら通信制限になるようにプランを変更したので、月はじめからいきなり通信制限になります。(3G(ギガ)だと動画3時間くらい視聴したら通信制限になります)

一応通信制限でも、最低限の調べものやメール、ライン、LinePayなどは問題なく使用できるのでそこまで不自由ではないのですが、もしどこかで迷って周りに誰も人がいないようなときにはGPSとか使えないのでちょっと怖いです。

 

・ファイヤーウォールを避けるためWi-Fi乞食をしなければならない

大学内のWi-Fiはウイルス侵入を防ぐために有害サイトへのアクセスができないよになっています。基本的には有害サイト以外の普通のサイトは問題なくアクセスできるのですが、たまにライブラリのインストールなどでファイアーウォールのせいでインストールが失敗になったりします。これまでは自宅に戻ってインストールできていたのですが、自宅のWi-Fiがなくなってからはファイアーウォールの無いWi-Fiを求めて移動しなければならなくなったのがちょっとだけ面倒です。

 

まとめ

 技術の進歩は私たち人間に数々の恩恵を与えてくれるけれども、与えられるものをそのまま享受しているだけでは生産者の奴隷でしかありません。

 

便利さと不便さは表裏一体で、なにかが便利になるとその分どこかしらに不便さが生じるような気がします。

 

そういえば高校の時、情報の授業を担当していた先生がガラケーしか持っていなく疑問に感じていましたが、今は何となくわかるような気がします。

 

スマホでできる事は大抵PCでできますし、電話とメールができるガラケーさえあれば事足りるということなんでしょうね・・・おそらく

 

長くなりましたが、結論からいうとやはりWi-Fiを解約して正解だったなと思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました_(._.)_